• ホーム
  • サーチコンソールとアナリティクスに登録しよう!

サーチコンソールとアナリティクスに登録しよう!

サイトを開設し、SEO対策をスタートするなら必ず登録しておきたいのがサーチコンソールとアナリティクスです。この2つを活用すれば、サイトのアクセスやインデックスに関する様々な情報を簡単にチェックすることが可能となります。サーチコンソールとアナリティクスは連携させることができますので、運営サイトについての情報をまとめて分析し、管理することが可能です。アクセス解析ツールというと、再訪問したユーザーの比率を確認したり流入数をチェックするというイメージがありますが、アナリティクスとサーチコンソールではより幅広い情報を見ることができます。
アナリティクスは、Googleアカウントを作成しサイトの情報を入力した後、トラッキングコードの埋め込みを行えばすぐに利用開始することができます。サーチコンソールと連携すれば、検索トラフィックのキーワード等も確認できるようになります。
サーチコンソールにはサイトマップを登録することが可能です。サイトマップを登録すれば検索エンジンのクローラーが巡回を行い、サイト内のページをインデックス登録してくれます。もしもクロールエラーが生じれば、その情報も確認することができるため安心です。クロールエラーの数や原因をチェックして対策すれば、スムーズにインデックス登録を進めることができます。
これらのサービスを活用し、アクセスユーザーの推移や流入数をチェックすれば、サイト改善のために何が必要か、という点がはっきりと見えてくるでしょう。適切なSEO施策を行いサイト改善を進めれば、より検索エンジンからの評価を高めることができます。
サーチコンソールには特定のアクションをコンバージョンとして設定する機能も備わっています。CV数の変化を計測すれば、目標達成のために必要な施策を考えることができるでしょう。またバックリンクの数やリンク元といった情報も、サーチコンソール上から確認することができます。不審なサイトやリンクスパムなどを見つけたら、リンク否認機能を使ってシャットアウトすることが可能です。CV数の測定やリンク否認機能など、サイトの運営に役立つ機能が幅広く備わっています。
アクセス解析をせずにSEO対策を行っていると、具体的な目標を立てることができませんし、見当違いな施策を実行してしまう可能性もあります。アクセス解析を通してサイトの状況を客観的に把握すれば、より効果的な施策を見つけることができるでしょう。